アメのち晴れ
ゲームや旅行先の記事を載せていくつもりです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐるぐる回る海
昔魔法陣グルグルというアニメがありましたね。
絵がシンプルでかわいかった様な^^
ちょっと内容の方は覚えてないのですがw


鳴門(なると)の名物といえば…わかめやすだち等ありますが…やっぱり一番有名と言えば渦潮ですよね!
実は私…四国に住んでいながら渦潮ってハッキリ見た事ないんですよねw
もちろん鳴門には何回も行った事はあるのですが…
近い所程遠い…
近い場所程あんまり観光とかしに行きませんよね(^_^;
どうせ観光に行くのなら少し遠出しよう!と思うのが普通ですよねw
そんな訳で先日息抜き程度と思い…先日鳴門の方に行ってきましたのでご紹介したいと思います♪

DSC01358_convert_20131102205958.jpg
こちらが四国の玄関でもある鳴門大橋でございます。
四国に車で行こうとすると…この鳴門大橋か瀬戸大橋を通らないと来れないんですよね…(x_x)
まあ…船という手段もありますが、どうしても時間が掛かってしまうので…日帰りで四国を観光したいと思われる方は殆どこちらの2つの大橋を利用しているかと思われます。
鳴門大橋から淡路島へ。そこから明石大橋へとつながりそこから関西方面の至る所に行けちゃうのだ♪

DSC01361_convert_20131102210608.jpg
その鳴門大橋の下を歩いて観光出来る渦の道。
所々ガラス張りの所があってそこから渦を見る事が出来ます^^
が…高さがあるのでかなり怖いですw

DSC01359_convert_20131102210144.jpg
渦というのは毎回出来ている…とうのではないみたいです。
時間帯や気象状況によって渦の大きさが変わるみたいですね…
残念ながら私が行った時間帯は一番大きな渦が見える時間帯ではなかってですが…
それでも渦の方は肉眼で確認出来ましたよ^^
ただ…シャッターチンスがほんと難しいのです!
しゃがみ込んでカメラを構えて…ガラス張りの床に張り付いていましたw

DSC01360_convert_20131102210352.jpg
近くにいたおっちゃんが…
「今がシャッターチャンス!」
と言うアドバイスも虚しく…私の腕では精一杯ですw


画像では上手く伝わらなかったと思いますが…生で見る渦潮ってホント神秘的で心が癒されます。
なので…皆さんにも是非肉眼で確認して欲しいかなぁ~^^
鳴門名物わかめソフトクリームもあるので是非お試しあれw


◎渦の道への車でのアクセス方法◎

神戸淡路自動車道鳴門北ICより約10分
県道11号線を鳴門公園方面に走っていると案内看板あります。

ちなみに近くに大塚国際美術館という…とても大きな美術館があります!
絵心がある方は是非寄ってみて下さい。
私は絵心が全くありません!
エ○心は……まあ多少w


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

大きい山
最近ドラえもんを見たのですが…声にやっぱり違和感ありますよね(^_^;
まあ…慣れの問題なんでしょうけど!
でも…大山のぶ代さんの声のイメージはなかなか離れないかもw
それだけインパクトがあったって事ですよね!


私は山登りがホントに好きなんです^^
登る時はホントにしんどくて…くじけそうになっちゃう事もありますが、頂上まで登った時の達成感と絶景を見ると…
よくここまで頑張ったたなぁ~♪
と自己満足に浸るのがとっても気持ちいいのです^^
病み付きになりますよ!

そんな私は毎年必ず山登りする山を決めています。
一つは依然ご紹介した愛媛県の石鎚山(いしづちさん)。
ですがこの石鎚山…七月一日だけ女人禁制となって、頂上まで行けないんですよねぇ…(x_x)
そんな事も知らず今年は門前払いをくらってしまいましたw
まあ…後からリベンジしたんですけどね^^

そしてもう一つの山と言うと…鳥取県の大きい山と書いて
大山大山)と言う山でございます♪
まあ…鳥取県と言っても岡山県との境にあるので…四国からでも約2時間半くらいで行けるので、そんなに遠い場所ではないです。
この石鎚山大山二つの山は毎年登ろうと決めているのであるます!
まあ…去年からですけどw

この大山なんですが…去年行ったとき11月3日で…その日ちょうど初雪が降った日だったのですw
DSC00658_convert_20131028210105.jpg
綺麗だったんですが…まさか山登り行く日に初雪が降るなんて…w
私ってばツイているのか…ツイていないにのか…よく分かりませんw

DSC00657_convert_20131028210459.jpg
他の山は雪なんて降ってないんですけどねぇ…
それだけ高い山ってことなのかなぁ…?
ちなみに高さだけなら…石鎚山の方が高いです!

んでも…せっかく来たので行けるところまで行ってみることに。
ギャリーは結構いましたが…さすがに山登りしている人はあんまりいなかったですねw
登り口辺りは雪は全く積もっていなかったのですが…五合目辺りから登山道にも雪がちらほらと…
滑らないように…木の根っことかにしがみつきながら…
色気とかそういうのを気にする所ではありませんでしたw

DSC00665_convert_20131028210728.jpg
頂上付近まで来ると見渡す限り雪!
さすがにもう限界かなぁと思いつつも……

DSC00666_convert_20131028210313.jpg
なんとか頂上までたどりつく事が出来たのだ<(`^´)>エッヘン。
まあ…もちろん景色は雲に隠れててほとんど見れませんでしたがw


そういう教訓も生かして…今年は夏の早めに登ろうと8月くらいに登ってきました^^

DSC01138_convert_20131028211340.jpg
こちらは下から撮った大山。ホントに私みたいに美しい山です!
写真じゃ分かりませんが…ゴール地点の山小屋も肉眼で確認する事が出来ます。
あまりマジマジ見ると…ホントに行けるのかなぁ~と不安になるので登山の際は程々にw


去年あれだけ悪天候の中で登山出来たんだから余裕のよっちゃんで登っていたのですが…
夏だけに…アツかったですw
水分の方も用意していたのですが…途中で全部飲み干しちゃいましたw

DSC01132_convert_20131028210932.jpg
9号目辺りからは緩やかな参道となっていますが…それまではとても起伏が激しい登山道で、この辺りではもう意識がもうろうとしていた様なw
ほんとにしんどかったです…(x_x)

DSC01129_convert_20131028211149.jpg
休憩を繰り返す事何十回…何とか頂上にたどり着く事が出来ました!
ちなみに…山頂で売っていたアクエリスは500mlで410円もしたんですが…迷わず買っちゃったw
冷えてもいなくて…正直ボッタクリ値だとは思いでしょうが、私にとっては命の恵みでしたよ(^_^;

DSC01130_convert_20131028211535.jpg
こちらは大山の頂上付近の様子。
元は石灰石のみの山だったみたいなんですが…昔の人々がちょっとずつ緑を植えていって今の大山に至る見たいです…
ホント…昔の人ってすごいなぁ~^^尊敬しちゃいます♪


下山の方はそんなに苦労しませんでしたが…降りてきてどうしてもかき氷が食べたくて注文したのですが…
「すみません。あちらのお子さんで氷がきれちゃいました…」
と言われ…その子供をギッと睨みつけた私は…今となっては恥ずかしい事をしたなぁと猛省してますw
怖いお姉ちゃんと思わせちゃったかもですね…ゴメンナサイ!
でも…どうしてもハワイヤンブルーを食べたかったのですw

まあ…何はともあれ2年連続登頂に成功致しました!
また来年挑戦したいと思います♪
今度は水を大量に持っていこうっとw


◎大山(だいせん)の車でのアクセス方法◎
米子自動車道溝口ICより約30分。
看板が出ているので道なりにいけば迷わず行けると思います。

駐車場は夏期は無料ですが、冬期はお金が掛かるみたいです。
いわゆるスキーの為ですねw
登山よりむしろこちらで有名な山かもですね^^
…私は滑れませんがw


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

四国の英雄じゃけん!
この3連休なんですが…個人的にとてもドタバタした3連休でございました(^_^;
土曜と日曜は…お祭りで巫女姿に変身して神様にご奉仕♪
と言っても…ほとんど座っているだけですがw
そして月曜日は用事で高知の方に行って参りました!
遊びで行った訳では無いのですが…夕方くらいに時間が取れたので、少しだけど観光の方してきました^^

高知県&土佐の国と言いますと、幕末に活躍した武士がたくさんいて…今でもゆかりの地がたくさんあるんですよね!
その中でもやっぱり一番有名なのが坂本龍馬ですよね^^
私が尊敬する人物でもあります!
四国を代表する英雄なのだ♪

皆さん知っているかもですが…簡単に説明しますと、
土佐では身分が低い武士だった為自由と言うのがほとんどなく…日本の為に土佐藩を脱藩をして全国津々浦々奔走して…ついには明治維新の立役者となった人物であります!
さらに剣の達人でもあったみたいですが…幕末の激動の時代を人を一人も斬ることなく生き抜いたみたいですね。
常に幕府に追われる身であったのにも関わず…龍馬の優しさと強さがにじみ出ていますよね^^

龍馬は大政奉還の後、すぐに暗殺されてしまいますが…その犯人も未だはっきりと分かっていません。
さらに…誕生日と暗殺された日が同じだったみたいです!
誕生日に謎の暗殺…不謹慎かも知れませんが、何か運命的なものを感じてしまいます。
龍の様に強く、馬のように時代を駆けていった英雄…それが坂本龍馬なのです!
とまあ…少し熱く語っちゃいましたが…詳しくは歴史の先生にも聞いて下さいねw

そんな龍馬のゆかりの地も高知にはたくさんあるんですが、やはり一番メジャーな所と言いますと…龍馬の銅像が立っている桂浜でしょうかね^^
DSC01350_convert_20131015232620.jpg
この近くに龍馬の記念館もあるので…龍馬フャンの人には是非行って欲しいなぁ^^
龍馬の事がもっともっと好きになるはずです!
ただ残念ながら…中での撮影はNGなのです…(x_x)
ただ…それだけ重要な文献等が残っていると言う事ですよ!

DSC01336_convert_20131015230627.jpg
こちらが坂本龍馬像。
夕方くらいに行ったので分かりづらいかもですが…結構な大きさがあります!

DSC01337_convert_20131015230801.jpg
威風堂々と立って見つめる先には太平洋の大海原!
龍馬は死してなお私達を見守ってくれているのだ♪

DSC01342_convert_20131015231112.jpg
こちらが桂浜の海でございます^^
一年中波が高いため…綺麗なビーチではあるんですが、遊泳禁止となっております。
ただ浜辺を歩くだけでも清々しい気分に慣れるのは間違いないです!
限りない地平線を見ていれば…悩み事なんて吹っ飛ぶさ~!

DSC01346_convert_20131015231635.jpg
桂浜には竜王岬というのがあって…そこから見渡す海も絶景となっていますよ!

DSC01347_convert_20131015232312.jpg
DSC01343_convert_20131015232011.jpg
高さも結構あって少し怖いですw
私は見れなかったんですが…ここから見る夕日ってさぞ美しいんでしょねぇ…
私の美貌の前には霞んじゃうかもですけど☆
…まあ是非恋人同士でどうぞw

この他にも土佐犬のバトルショーも近くでやっているみたいです^^
生で見る迫力満点のバトル是非ご覧下さいませ♪
私はおしとやかだから…争いごとは苦手なので見たことないですけど( ̄^ ̄)

竜馬伝が放映されていた時は桂浜が人でいっぱいで砂が見えなくなるくらい混雑してましたが…
今は落ち着いてゆっくり散策とか出来ると思います^^
龍馬の育った海を是非一度御覧下さいませ~♪

桂浜への車でのアクセス方法◎

高知自動車道高知ICより役30分
県道44号線桂浜方面へ
県道14号線(黒潮ライン)を桂浜方面へ走り
浦戸大橋と言う大きな橋を渡った所に桂浜の入り口があります!
まあ…至る所に『桂浜』という案内看板あるので…
どの道を通っても恐らく迷わないと思います。
もし迷ったら…太平洋に向かってGo!


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

かつらじゃないよ!かずらだよ!
「ズラ~!」
って口癖だったのは…確かヤッターマンで出てくるトンズラーだったかなぁ…
確かドロンジョの声が昔ののび太の声で…
トンズラーの声が昔のジャイアンの声だった覚えがありますw

今回ご紹介する所は徳島県三好市にあるかずら橋でございます。
一言にかずら橋と言っても…実は細かいのを入れるとたくさんあるんですよねぇ…
なので…一番メジャーだと思われるかずら橋をご紹介したいと思います。
と言うか…そこしか行った事ないのでw

かずら橋がある祖谷(いや)という周辺にはちょっと変わった…
大歩危(おおぼけ)
小歩危(こぼけ)
という地名があるんですよ!
まあ…私が別の意味でよく言われますがw
この辺りの流れる川は…ヒント川の流れが早くて危険なのですよ!
私みたいな体重が軽い子は…あっと言う間に流されちゃうのであります!

DSC00683_convert_20130926205824.jpg
ですが…川の水はとっても綺麗なんですよ^^
私はやった事ないのですが…川下りとかも有名です。
綺麗な景色を見ながらのスリリリングな体験は…是非ともやってみる価値あると思います^^
私はちょっと怖いので…踏ん切りがつきませんがw

かずら橋はそんな急流な川の上にあるんです。
DSC00692_convert_20130926211936.jpg
見ての通り…木とロープで出来ていて渡っている時はかなり揺れますw
川の上という事もあり…風も結構強く吹く時が多いみたいです…
私みたいに…空気の様に軽い人は風で煽られる時もあるのでご注意を!

さらに一つ一つの木の間隔が結構大きくて…
DSC00685_convert_20130926210644.jpg
真下の川の流れが丸見えで怖かったな…
この写真を撮るのも一苦労だった気がするw

私は怖かったので…端っこのロープを必死につかんで一歩一歩確実に進んでいましたが…
後ろから来た小学生の子供が…ど真ん中をリズム良く駆け足で過ぎ去って行ったのをはっきりと覚えてますw
その子供が私を見る目が何とも……屈辱的でした(;>_<;)ビェェン

DSC00684_convert_20130926210216.jpg
さすがに踏み外しても…下に落ちると言う事はないでしょうけど…
でも私みたいな細身だったら…恥部を強打するかもですねw

そして…かずら橋の名物と言えば…鮎の塩焼きなのだ~♪
清流で取れた鮎はホント新鮮で美味しかったなぁ~^^
行かれた際には是非食べてみて下さいね♪

絶景と絶叫と絶品の3つが味わえるかずら橋に…是非お越し下さいませ~!


◎かずら橋への車でのアクセス方法◎

徳島自動車道井川池田ICより約1時間
国道32号線を高知方面へ案内看板あったと思います。
剣道45号線を経由して後は道なりに走ると到着です。
もしくは…
高知自動車道大豊ICより約1時間30分
国道32号線を高松方面へ走って県道45号線
後は道なりに走ってご到着。
時間の方はだいたいなので…あまり参考にしないで下さいw


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

竜河洞の神秘
こちら四国は最近になってやっと涼しくなって来たかなぁ~…という感じです。
まあ…相変わらず水不足なんですがw

今日は2011年に行った高知県の香南市(こうなんし)にある竜河洞(りゅうがどう)をご紹介したいと思います♪
とは言っても…約2年前なので今では変わっているかもだし…記憶の方も微妙なので…間違っていたりしたらごめんなさいですw

名前からして想像はつくと思いますが…竜河洞は鍾乳洞で、その中は自然に出来た変わった形の岩を見ることが出来ます。

DSC00031_convert_20130828215509.jpg

DSC00036_convert_20130828215810.jpg
自然に出来た岩の形その名にちなんだ名称をつけているのです。

DSC00039_convert_20130828215945.jpg
ほんとに自然の力ってすごいなぁ~…と感じさせられます!

洞窟内は涼しいと思うかもですが…竜河洞は結構上り階段が多くて大変だったと思います(^_^;)
さらに…竜河洞はコウモリがたくさんいるらしく…歩いていると
『キーキッー!』
というコウモリの鳴き声が聞こえてた覚えがあるなぁ…
たまに…目の前を通ったりしてびっくらした事ありましたw

DSC00032_convert_20130828215636.jpg
こんな暗い洞窟の中でこんなライトアップしたら…
そりゃコウモリの一匹や100匹いるってもんですw

所々ガイドさんが中にいてその岩の生い立ちや名称の由来を説明してくれました。
でも…仕事とは言え洞窟内でずっといるのも大変ですよねぇ…

DSC00028_convert_20130828215404.jpg
洞窟の中にはなんと滝まであるのだ♪
水しぶきの音が洞窟内に響いてとても感動でした^^

写真には残っていなかったのですが…四国の英雄坂本竜馬の顔に似ている岩と言うのもありましたよ!
ちょっと見る角度が難しいんですが…私も見ることが出来ました^^
今でも竜馬は私達の事を見守ってくれているんだなぁ…と感動して涙しましたよ(; ;)ホロホロ
乙女の清らかな涙はきっと竜馬にも伝わったはずです^^

鍾乳洞の有名所と言えば山口県にの秋芳洞なんでしょうけど…
もちろんあちらはあちらで素晴らしかったんですが…竜河洞も勝るに劣らずの見所満載だと思うので、
高知県に行く機械があれば…是非一度行ってみて欲しい所でもあります^^
高知市からそんなに離れていないので…アクセスもそんなに難しくはないと思います♪

竜河洞を抜けると何故か孔雀がいましたw
DSC00063_convert_20130828220429.jpg
羽を広げてる時って…求愛している時でしたっけ?
私がよっぽどかわいく見えたんでしょうね^^

私は竜河洞には三回程行ったかなぁ…
でもしばらく行ってないのでまた行ってみようかなと思います^^
お土産には私の大好物の四万十のりを是非w

◎竜河洞(りゅうがどう)へのアクセス方法◎
高知自動車道南国ICより約30分
国道195号線香南市方面へ走っていたら案内板あったと思います。

もしくは国道32号線を室戸方面へ
竜河洞スカイライン経由しても行けます。

国道195号線は道の真ん中にチンチン電車が走っていたと思うので
運転には充分に気をつけてくださいね!


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。